1. TOP
  2. アキレス腱断裂
  3. アキレス腱断裂の手術費用はどのくらい?

アキレス腱断裂の手術費用はどのくらい?

今回はアキレス腱断裂の手術にかかった費用についてまとめます。

その他にも、高額医療の適用、保険、装具代などの内訳と実質自己負担額についても解説いたします。

※実体験ですが、個人差はあるかと思います。

アキレス腱断裂手術に必要な費用

102,547円

これがアキレス腱断裂をして入院~退院までの3日間で必要になった総額です。

※断裂当日の応急処置+松葉づえ+痛み止めの薬にかかった26,500円は含まれていません。

3日間の入院で、食事代、麻酔、手術、装具の型取りなどの金額がすべて含まれて10万円とちょっとでした。

退院時に会計をしなければいけなく手持ちもなかったのでカードで10回払いにしました…

本来であれば、入院は基本1週間くらいが平均のようですが、自分は仕事の関係上3日間で退院しました。

もし1週間以上入院するのであればさらに費用はかかります。

ここまでは入院の期間の額ですが、これにプラスで装具代とリハビリ代が必要になります。

高額医療費の適用

高額医療の適用で後々申請すればその人の年収により定められて一定の額を超えた額が戻ってきます。

ただ申請から振込まで2か月位かかるので最初はどうしてもお金が必要になります。

自分の場合は、

1か月の限度負担額が57,600円に対し10万程かかったので差額の42,400円位は戻ってきます。

この高額医療費の適用により入院と手術でかかった実質自己負担額は60,000円程度となります。

せっかく受けれる権利があるので、面倒がらずにしっかり高額医療費についてはチェックしましょう!

分からなければ健康保険証に書かれている電話番号に問い合わせて、確認してみると自分の年収に沿った限度負担額や申請の仕方も教えてもらうことが可能です。

保険の適用

さらに、別で損害保険などに加入していればそのプランに従ってお金が戻ってきます。

私の場合は、バレーボールの大会で断裂したため損害保険(損保ジャパン)に加入しておりある程度のお金が戻ってきました。

今回はバレーの大会費に保険の費用が含まれていたので本当に良かったです…。もしこれが練習時であれば適用されていませんでしたので不幸中の幸いでした。

断裂後に保険会社から電話がきて、入院1日で5000円、通院1回で2500円の適用と説明を受けました。

そのまま計算すると今回は以下の額が適用となるはずだったのですが…

入院1日:5000円×3日=15,000円

通院1回:2500円×8日=20,000円

合計:3万5千円が損害保険の適用で戻ってく額

※通院は1回にかかった費用が2500円未満でも、関係なく1回の通院で2500円が適用

ただ、実際に治療、通院が終わって資料を損保ジャパンに提出するとまた電話がかかってきて

「今回の振込額は212,500円となります~!」とのこと。

ん??21万?!?と耳を疑いました…。

でもその電話の数日後に212,500円が振り込まれたのです。

足が装具で固定されていた期間により通院に+アルファの保険がかかっていたようです。

本当に保険に入っていてよかったなぁと思いました…。

装具の費用

これが予想外に高くびっくりしました…

装具はまず型取りをしてオーダーメイドで作った為、8万円ほどかかりました。

装具代金も健康保険組合のHPから治療用装具の資料をダウンロード、印刷して記入して申請できます。

記入をしたら「医師の意見書(原本)」と費用の内訳がわかる「領収書(原本)」 を 添付し送付することで装具代金の自己負担が3割の額で済みます。

つまり装具購入時は80,000円の装具でしたが、57,000円が戻ってきたので実質負担額は23,000円程度で済みました。

ただ支払当日は装具屋さんへまず全額支払う必要があります。

装具会社にもよりますが、今回は現金のみの支払いが必須でカード払いができず、半月くらい装具屋さんには支払を待っていただきました…。

通院とリハビリでかかった費用

自分の場合は8回の通院(リハビリ含む)でしたが、1回の通院が800円程度で合計6500円でした。

実際リハビリ+診察でも1000円以下で済むので通院自体はそこまで負担にならないかと思います。

ただ診察終了までに8回の通院というのは数として平均よりかなり少ないと思います…。

本来であれば週に2回~3回は通院リハビリしないといけないと思うので、もっと費用はかかる方が多いと思います。

今回の3倍通院していれば、24回の通院で金額も3倍で2万弱は必要かと思います。

断裂~診察終了までの費用まとめ

アキレス腱断裂をして、入院、手術、通院、リハビリ、そして診察終了までの支払合計、保険や高額医療で戻ってくる費用、実質負担額に分けてまとめてみました。

保険、高額医療適用前の費用合計と内訳

合計:213,000円

  • 松葉づえ貸出代:6500円
  • 断裂時の応急処置と痛みどめ:20,000円
  • 入院から手術:100,000円
  • 通院とリハビリ:6500円
  • 装具80,000円

戻ってきた金額まとめ

合計:314,500円

  • 高額医療費により45,000円
  • 加入している保険で212,500円
  • 装具は申請で57,000円

人により額は異なりますので必ず、調べて申請するようにしましょう!

自己負担額まとめ

213,000-314,500=ー101,500

アキレス腱断裂をしてから診察終了まで約3か月でかかった実質負担額は0円でした!

むしろ10万円以上プラスになって戻ってきました。本当に良かったです。

損保ジャパンの保険に入っていなければ逆に10万位のマイナスでした。

最初は大変ですが、後々戻ってくるのでしっかり申請していきましょう。

アキレス腱断裂で手術療法をした場合にかかるお金は完治までに20万円前後!
実質負担額は別途保険に入っていれば0円!むしろプラス!保険に入っていなければ10万円程度の負担となります。
※個人により異なります。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。