職場の近くに住むべき理由10選!会社が家から近いとメリットだらけ!

こんにちは。むらブログを運営しているムラ(@MuraBlog)です。

ムラ
この記事では職場の近くに住むべき理由を自分の経験を元に10個ご紹介します!

職場の近くに住むメリットはなんでしょうか?

私は職場まで徒歩10分の場所を選んで一人暮らしを始めて、現在まで約7年そこに住んでいます。

その前は、職場まで約40分の場所に住んでいましたが、通勤にかなりストレスを感じていました。

家をでてから、満員の地下鉄やJRに乗って、降りた後も会社まで歩いて仕事が始まる前にクタクタ…

それが家から会社まで徒歩10分の場所に住んだら本当にメリットだらけでした。

時間は大切ですし、満員電車でストレスを感じて人生を消耗するのは無駄なので、この記事を参考に考えて頂ければと思います。

では、実際に職場の近くに住んでみて感じたメリットをお伝えしたいと思います!

職場の近くに住むべき理由10選

①「プライベートの時間を確保できる」

職場が近い最大のメリットは、プライベートの時間を確保できて、人生が豊かになる事です。

通勤に時間をかけて仕事に行って、8時間以上仕事をして、また長い通勤時間で帰ってくると殆どプライベートの時間って取れないですよね。

それが、通勤が徒歩10分とかになるだけで、往復でも通勤時間はたったの20分です。

私は仕事が残業なしで18:30に終わるんですが、自転車であれば18:40分には家についています。

そこから寝るまでは完全にプライベートの時間を確保できちゃうわけです。

このプライベートの時間があれば、読書もできますし、ジムに行って汗を流すこともできるし、仕事の日でもプライベートの時間を沢山確保できます。

特に趣味が多い人は通勤で無駄な時間を消耗しない方が絶対に良いです!

時間の節約の為にも職場の近くに住むことをおすすめします。

②「通勤時間が短くなる」

通勤時間がもし片道1時間、往復で2時間かかっている人は、1か月で20日働いたとしたら、月に40時間を通勤だけに時間を使っていることになります。

年間にしたら480時間が通勤時間…!

丸々20日間を通勤し続けている計算です。

これが徒歩10分圏内になるとめちゃくちゃ通勤時間が短縮されるので、職場の近くに住むと人生が変わります。

通勤時間が短いと体力も消耗しないので、仕事中も帰ってからも元気な状態で過ごせるのがとても良いです!

③「満員電車にも乗らなくていい」

職場が遠いとただでさえ時間がかかるのに、さらに満員電車ともなればストレスだけで最悪ですよね…。

満員電車に1時間も乗ったら、会社に着くころには疲れ切ってしまうと思います。

それが職場まで徒歩圏内に住むことで、全くなくなるのでストレスフリーで通勤することができます!

私も昔は朝の満員電車に乗って出社している時期がありましたが、夏は汗だくになりますし、会社に着くころにはワイシャツがべちゃべちゃになって最悪でした。

もう二度と満員電車には乗りたくないですね。

④「ギリギリまで寝れる」

家から職場までが近いとギリギリまで寝ていても全然問題ありません。

もし夜更かしして寝坊しても、徒歩圏内であれば交通機関の影響を受けることなく、走るか自転車で急げば間に合ってしまいます。

朝ギリギリまで睡眠の時間を確保できれば、仕事のパフォーマンスも上がりますし、仕事中に眠くなることもなくなります。

職場が近いと睡眠時間が長くなるので、1日を元気な状態で過ごせるようになります。

実際に私も職場が近くなってからは、仕事中に眠くなる事がなくなりました。

睡眠の確保は人生においてかなり重要になってくるので、やはり職場は近い方が絶対に良いです!

⑤「終業から10分後には家でテレビが見れる」

私の場合は仕事が終わって、10分後には家でテレビを見ています、笑

きっとJRや地下鉄で通っている人は今頃電車が来るのを待ってるんだろうな~なんて思いながら、自分は家でテレビをみれちゃうわけです。

別にテレビを見る必要はありませんが、そのくらい自分の時間を確保できるということ。

通勤時間中に読書ができるから通勤が長くてもいい!」という人もいますが、電車の中でポテチを食べながらテレビを見てリラックスすることはできませんよね?笑

通勤時間を短縮すると色んなメリットがあるわけです。

⑥「忘れ物をしても取りに帰れる」

出社した後に、仕事に必要な大事な物を忘れた場合でも、職場と家が近ければお昼休みに忘れ物を取りに行くことも余裕です。

実際に私は、会社用の携帯を忘れたことがありますが、自転車で5分くらいで帰れるので家に取りに帰ったことがあります。

本当に近くに住んでよかった…とよく思います。

もし通勤に1時間とか必要であれば、仕事中に取りに変えるのは中々難しいでしょう。

万が一何かを忘れた場合でも、家にすぐ取りに変えれるのは職場の近くに住むメリットの一つでもあります。

⑦「終電を気にしなくて良い」

仕事の後に飲みに行くとか、遊びに行くって事があっても終電を気にせずにいることができるのもメリットですね。

大体会社の飲み会は、職場の近くで行われることが多いので、飲み会が終わって帰るときも終電を気にせず帰る事ができます。

特に終電って人も多くてかなり混んでいることが多いので、酔っ払いと一緒に長時間電車に乗らなくて良くなります。

⑧「災害時の影響を受けない」

最近は地震や台風などの災害が多いですよね。

そんな時に、JRが止まった!とか地下鉄が動かない!っていう影響を全く受けなくて良いです。

災害以外にも人身事故なども多いので、仕事に遅刻することは殆どなくなるはずです。

⑨「会社の近くは飲食店が多い」

会社の近くだと飲食店が多くないでしょうか?

立地にもよるかもしれませんが、会社が多い地域であればおそらく飲食店などのお店が近くに多くあるはずです。

そこから近い場所に住んでいると、休日に徒歩圏内でランチやディナーにいけるレパートリーが増えるのでおすすめです。

私の職場の周りは札幌駅の近くなので、徒歩圏内でいろんなお店にいけるのでかなり便利です。

⑩「残業してもすぐ帰れる」

職場と家が近いと、突発的に残業が発生しても、「どうせすぐ家に帰れるし頑張るか!」って思えます。

心理的な負担が減るので、通勤時間が短いとそこもメリットになります。

私はあまり残業をしませんが、残業が多くなっても帰ってすぐ寝れるって思えば、仕事もがんばれるし、帰ってすぐ休息できるので次の日にも影響がでにくいです。

以前は、22時頃まで残業をすることも多かったですが、家まで徒歩10分だと帰ってから色々しても日付が変わる前にはベッドに入って寝る事が出来ていました。

まとめ

実際に会社まで徒歩圏内に住んで約7年が経ちますが、その前の数年は40分以上かけて通勤していました。

もうその頃には絶対戻りたくない!って思えるくらい職場の近くに住むメリットは大きいと感じています。

良く言われるのが、「職場の近くだと落ち着かなくない?」とか言われますが、全くそんなことはないです。

通勤時間の長さで奪われる体力と、満員電車での疲労、ストレスなどを考えて天秤にかければ、絶対に職場に近い方がトータルのメリットが大きいです。

個人的には職場に近くデメリットは殆どなくて、唯一挙げれば家賃が少しだけ高いということでしょうか。

でも家賃が少し高いだけで、これだけのメリットがあればむしろ安いくらいだと思います。

ちなみに、テレビでお馴染みの林先生も下記のように言っています。

例えば通勤時間が45分伸びると、離婚率が40%上がるというデータがあります。
そして通勤時間が増えれば増えるほど減るものが、睡眠時間と運動時間。
通勤とか、満員電車でかかるストレスとかで失うものって、意外と大きいんですよ。
特に一人暮らしの人はよく考えて。時間っていうのは、本当に貴重な財産だと。
お金の場合はみなさん使いみちをよく考えられると思うんですけど、時間はそれ以上に価値があるものかもしれないので。
時間とお金との総合的なバランスで、しっかりした理由があって、明確な考えかたにもとづいて、一個いっこ選択していく。
漠然と考えていると、得られるものは少ないかもしれないなと。

林先生が驚く初耳学! ーより引用

あの林先生も言っていると説得力がありますよね。

是非、職場の近くに住んで有意義な毎日を過ごしていきましょう!

以上、職場の近くに住むべき理由10選でした~。

この記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)