ニートから脱出し30歳までに正社員になった男の体験談

こんにちは。むらブログを運営しているムラ(@MuraBlog)です。

今回は、自分がニートだった頃から脱出して、正社員に這い上がるまでの体験談を伝えていこうと思います。

そもそも、ニートから正社員なんて無理じゃない?と思う人も多いと思います。

結論から言うと、ニートからでも正社員になれます。

どちらかというと、なり方を知らない人が多いんだと思います。

もちろん、能力がないとか、知識経験がないとか、コミュニケーションが苦手とか、正社員になりたいけどなれない事に対しての理由はあると思います。

でも、がむしゃらに履歴書を書いて、数撃てば当たると思って面接をひたすら受けてもなんの戦略もないんだからそりゃ落ちますよって思います。

ニートからいきなり正社員になろうとするから、難しいんです。

私自身、ニート以外にもいろいろ経験して正社員までたどり着きました。

30歳までには絶対正社員になってやる!という思いで、20代を頑張り、29歳から30歳になる3か月前に正社員として就職することができました。

なんとか目標達成です。

時系列に並べるとこ〜んな感じで、

色んな雇用形態を経験しました。

  • 大学卒業(2010/3)
  • 就職支援プロジェクト(2010/5~10)
  • ニート(2010/11~2011/3)
  • 職業訓練(2011/6~2011/7)
  • 派遣(2011/7~2011/11)
  • 友人の自営の手伝い(2011/12~2012/2)
  • 契約社員(2012/3~2017/2)
  • アルバイト(2017/3)
  • 正社員(2017/7~現在)

ニートから正社員になるまでの経緯を時系列で書いていこうと思います。

色々なきっかけがあって、今の正社員という立場を手に入れることができました。

まずは、ニートの時代から振り返ってみようと思います。

ニートになった経緯は?

私の場合は、大学4年の時に就職活動をほとんどしていなかったので、3月に卒業してすぐプチニートになりました。

でも、このままじゃまずい!という気持ちだけはまだあったので、国で支援していた就職支援プロジェクトというものに参加をすることになります。

これが大学卒業から約2ヶ月なので、一旦ニート脱出?になるのかもしれません。

就職支援プロジェクトっていうのは、国から支援としてお金をもらって半年間インターンみたいに働くので、就職でもなければ、給与という形で企業からお金を貰っているわけでもなかったです…。

ゴルフショップで半年間頑張りましたが、そこからの直接雇用のお話は頂けず、あっけなく終了。

また、ニートに戻り0からのスタートとなりました。

本来であれば、就職支援プロジェクトなので、半年働いて双方OKであれば正社員になるのですが、自分の能力が足りずに雇用してもらえませんでした。

半年頑張って、捨てられるのはかなりショックなもので、もう働きたくねーって思っていました、笑

そこから、約1年間の完全ニート生活が始まります。

フリーターでもなく、全く働かない生活です。

ニート生活を脱出するのは大変?!

ニートになってからの生活は、本当に大変でした。

実家だったので、ニートでも生きていけましたが、それがニート脱出を阻む一番の問題なんですよね。

具体的に大変だったことをまとめます。

生活リズムが逆転

ニートになると、なぜか夜に目が覚めて、朝から眠くなるんです…。

おそらく、朝になると「就職している人は今から仕事かぁ」って思いながら、焦る気持ちを隠すというか、現実から目をそむけたくなって寝ちゃうんじゃないかなーと思います。

朝7時くらいになると眠くなって、16時くらいに起きてそこから行動。

しかも、行動って言っても家からでることはほぼなく、ネットサーフィン。

もう、絵にかいたようなニート生活になります。

外に出たくなくなる

なぜかと言うと、友達や知り合いに会ったとしても、「今何してるの?」って言われたときに「ニートだよ!」って説明したくないから。

あとは、飲食店やカラオケなのでアンケート書いたり、会員カード作るときに、職業欄って記入する必要があるんですよね。

大学生のときは学生ってかけたので良かったですが、無職とは書きたくないので外にでて何かするのも億劫になって引きこもっていきます。

人と接する機会が減る

外に出なくなると同時に、人と会話することや、声を発することが減ります。

一日中、一言もしゃべらないこともありました。

これがまたストレス溜まるんです。

じゃぁ働けよ!って今になれば思いますが、その時って働くぞ!って思考に中々ならないんです…。

とにかく現実逃避

あー働かなきゃなーとは思いますが、サラリーマンにはなりたくないとか、いい歳してアルバイトってのもやだなーとか考えている内に行動しなくなります。

今日は履歴書かくぞ!って思っても、そのままネットサーフィンが始まり、夜中から朝までアニメのるろうに剣心をずっと見てたこともありました…。

現実を見るのが嫌になって、どんどんダメになっていく実感がありました。

実家に居づらい

ニートなのにお金も入れずに実家にいるほど、いづらいことはありませんでした。

顔を洗いに洗面所に行くときや、居間を通るときには親から

お前何してんのよ?働かないならお金いれろ!

って怒られるわけです。

言われてもその時は、「今探してるんだよ!」とかって言って反抗してましたね…。

どっからどう見ても、糞ニートですね…笑

この悪循環から脱出するのは相当難しいわけです。

誰か後押ししてくれる人がいないと、一人でニートは脱出できない人が多いと思います。

ニートから脱出したきっかけ

ここからは、具体的にニートを脱出するきっかけとなったターニングポイントごとに書いていきたいと思います。

職業訓練

約1年間のニートを脱出するきっかけとなったのは、職業訓練です。

外に出なきゃだめだ!と思いハローワークへ行き、興味があったWEBデザイン上級コースに参加。

一人暮らしであれば、月10万円くらい国から補助を貰えるみたいですが、私は実家暮らしだったので、普通に通いました。

お金もらうのが目的できている主婦とかも結構いて、ビックリしました。。

これが、大学卒業してから約1年後くらいの事ですね。

久々に、外にでていろんな年代の人と喋ることでかなり刺激になりました!

職業訓練がきっかけで、交通費も必要になったので、アルバイトをしよう!と思い派遣会社に登録に行きました。

派遣会社に登録してコールセンター

そこで紹介されたのが、週払いOKのコールセンターの発信業務でした。

コールセンターで働いたこともなかったので初でしたが、バイト感覚でなんとかスタートできました。

ここで一応ですが、

ニート脱出!

の第一歩を踏み出しました。

社会的立ち位置でいうと、フリーターですね。

まだまだ、正社員への道は遠い…!

そして、最初のうちは職業訓練とコールセンターを両立していましたが、長続きしない私は職業訓練の内容に飽きてしまい、2ヶ月くらいでほぼ行かなくなりました…。

上級コースなのに、ほぼ自分が独学で過去に学んだことをゆ~っくり教えている環境で、意味ないなーと思ってしまったんです。

その後は、コールセンターで働きながら、友達と遊びまくる日々…。

週2~3で働いていてもお金が入ってくるので、友達とドライブにいったり、釣りに行ったり遊ぶようになりました。

その日暮らしで、バイトと遊びの繰り返し。

ここで、第2のニート脱出のきっかけがやってきます。

自営の友人と一緒にWEB制作

自営業をしている友達から、

月30万位あげるから短期でWEBサイトの作成をやって!

と声をかけてもらったんです…!

ただ、条件として以下の3つを守ってほしいとのこと。

  1. 今のコールセンターを辞めること
  2. 1日7時間は時間を作る事
  3. いつでもスカイプで連絡が取れること

まぁ、即決でコールセンターは辞めましたね。

約2ヶ月くらいの短期間でしたが、約60万位は貰えたんじゃないかと…。

そこで、友人からくるミッションを次々とこなしていき、かなりパソコンスキルを独学で学ぶことができました。

でも、急にまとまったお金が入ってきたので、カメラを買ったり、遊んだり…。

友人からの依頼はほぼ終わり、、あっという間に、お金がなくなります。

ここで、第3のニート脱出のきっかけが来ます!

契約社員として入社

友人から貰った60万円が底を尽きる頃に、中学校の同窓会があり、そこで

お前今何やってんの?暇ならうちのコールセンターくれば?

と声をかけてくれた友人がいました。

そこは契約社員で、社会保険もつくしバイトとは違う扱いで、友達もいるし

やってみようかな~」と思えました。

ここから5年間をここの1社で勤めることになりました!

かなり大きな会社の子会社で、求職者と企業をマッチングするコーディネーターのお仕事。

遠隔で仕事紹介なので、基本は電話をする仕事でした。

1年過ぎたくらいで親会社へ転籍をし、仕事の量も増えてきて、管理する立場になり、ただのコールセンターの仕事ではなくなりました。

周りには、優秀な上司が多く、ロジカルシンキングもミーティングなどで鍛えられました。

なぜ数字がいかないの?どうしたらいいと思う?それはなぜ?

毎日、こんな感じで上司から詰められます、笑

最初は、新しい仕事を任されたり、じぶんの成長が感じれたりで仕事が楽しく、朝から22時くらいまで働いても苦にならなかったんです。

ただ、契約社員でも、本社から来た正社員とやっている仕事内容はほぼ同じ…。

3年過ぎたあたりから段々不満もでてきて、

正社員になりたい!

と思うようになります。

契約社員から正社員になる方法

私の場合は、契約社員で5年働いても正社員にはなれませんでした。

とはいっても、自分から正社員になるために上司にアピールしたわけでもなく、ただただ受け身だったんです…。

今思えば、黙っていて正社員にしてくれるほど、世の中甘くないんですよね、笑

大きな会社であれば、さらに契約社員から正社員になるのが難しいという事が分かりました。

ずっと契約社員で働いていれば、いつか正社員にしてくれるだろうと思っている人は、考え方を改めましょう!

黙っていても、絶対に正社員にはなれません。

私は、正社員になるために、5年働いた会社を自ら辞めました。

29歳の時です。

30歳になるまでには絶対正社員になる!と決めていたので、ギリギリの決断でした。

そして、身に着けたスキルや経験を活かして、同業種のベンチャー企業に絞って、面接を受けました。

会社の規模的にはグレードダウンですが…。

ただ、大きな会社で5年も頑張っていたことや、スキル、経験も評価されて大体受ける会社は受かるんです。

いつの間にか、契約社員で頑張ってたことが、違う会社で正社員として受け入れてもらえる大事な経験になっていました。

何社か受けて、紆余曲折はありましたが、30歳になる2か月前に、

ついに正社員になれました!

なんとか目標通り30歳までに正社員になれたんです。

まとめ

すごーく長い記事になってしまいましたが、これでもコンパクトにまとめたつもりです、笑

もう少し、分かりやすく記事が書けるようになりたいですね。

私が、伝えたいことは、

ニートからでも正社員になれるという事です。

ただ、いきなりニートから正社員を受けないでほしいという事。

なぜなら、スキルも経験もないただのニートが受かる正社員の仕事なんて、大した仕事じゃないと思っています。

まずは、アルバイトからでも、契約社員からでもいいので経験を積みましょう。

そして、契約社員から正社員になりたい!ってアピールをしてその会社で正社員登用試験を受けるのがベストだと思います。

私は、それができず、会社を辞めて違う会社で正社員になる方法を選びましたが…。

契約社員でずっと頑張っても正社員になれなかったのであれば、その経験を活かして違う会社で正社員をうければ、必ず受かる会社があるはず。

大事なのは、自分の職歴のストーリーなんですよね。

こういう経験を積んだから、それを活かして即戦力で働けます!

って言えるように、まずは雇用形態を気にせず、経験を積むように頑張る事が大事です。

おすすめは、リクルートエージェントという無料でできる転職サイトに登録をすることです。

キャリアアドバイザーが選任で付いてくれて、アドバイスを沢山くれて、電話で模擬面接までしてくれるんです。

自分に向いている仕事が分からないっていう方は、まずは登録から始めましょう。

記事が長くなりましたが、、、

結論、ニートから正社員になれます!

ニートを脱出して、まずは、アルバイト。

次に、契約社員。

最後に、正社員を受ければ必ず受かるので、是非参考にしていただければと思います。

この記事をシェアしよう!

2 件のコメント

  • コメント有難う御座います!
    今は正社員で働いてますが、今までの経験が全て繋がってるなーと思います。
    じっくり時間を掛けて経験を積めば、必ず正社員になれるはずです!

  • 経験が元になっているので、とても説得力があります。会社側からすれば、経験のある人の方が即戦力として働いてくれるので有り難いですものね。
    ニートからいきなり正社員ではなく段階を踏んでいくという事は、当然のようですが実は私にとって目から鱗でした。
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)