1. TOP
  2. 一眼レフカメラ
  3. ニコンD500におすすめのコスパが良い標準レンズはこれだ!SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

ニコンD500におすすめのコスパが良い標準レンズはこれだ!SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

こんにちは!むらブログを運営しているムラです。

先日、NikonのD500を購入しましたが、レンズキットではなくボディのみの購入だったので、別途レンズを購入しましたのでレビューしたいと思います。

約3万円あれば、レンズキットと似たようなズームレンズを購入できるので、超おすすめです!

その前に…

なぜD500のレンズキットを買わなかったのか?

値段が高い!

レンズキットのレンズは正直凄く性能も評判も良くて、欲しかったんですよね…。
ただ、D500のボディだけでも20万近くするのに、レンズキットで27万前後だすのにはコストが高すぎました。
お金があればレンズキットにしたかったんですけどね…泣

ちなみにレンズキットのレンズはこちら↓
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

レンズのみで買うと10万弱。
レンズキットで買えば、D500のボディに約7万円プラスすることで購入できます。
なので、D500単体で買ったあとに「やっぱりレンズキットにすれば良かったー」と思ってレンズを付けたすと非常にお金がもったいないです。

レンズキットのレンズはAmazonでの評価も4.4と非常に高いです。
ポイントはナノクリスタルコートが施されていることで、逆光に強くフレアゴーストの発生が低減されるんですよね。
これで2.8の通しであればもっと良いですが…

基本的に、このレンズがあれば通常のスナップや旅行先では困らないでしょうという感じです。

さて、それでも費用的にはどうしても購入できない!という方にお勧めしたいレンズがあります!

D500におすすめの標準レンズは?

それが、このシグマの2.8通しの明るいレンズ!

今までニコン純正のレンズしか使っていませんでしたが、初のシグマデビューをしてみて驚きました。

約3万円で純正レンズ10万円と同じような写真が撮れます。

なので、、、、

超おすすめです!!

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

しっかりレンズフィルターも買いました!

店員さんがおすすめのお手頃なフィルターです。

シグマ17-50mm F2.8がおすすめの理由は?

シグマの17‐50mmがおすすめの理由は、コストパフォーマンスが素晴らしいということです。

D500のレンズキットも素晴らしいですが、値段が高すぎるのです…。

冒頭でも言いましたがレンズキットだと27万越えになり、レンズカバーやSDカードなど備品も揃えると30万は超えてしまうかと思います。

純正でいいレンズを買うと高すぎるんです…。

そこで、同じような写真が撮れるようなレンズを探しました。

16-80近くのズームができて、F値が2.8~の明るいレンズで手ぶれ補正があるレンズ。

タムロンにも似たようなレンズはありますが、手振れ補正がないので候補から外しました。

店員さんにも相談した結果、レンズキットの代わりとなるお手頃なレンズ候補としては以下二つ。

シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

メリット

  • F値が2.8通しなので、ズームしても明るい
  • 最短撮影距離は0.28m

デメリット

  • 最大でも50mmまでのズームなのでもう少し望遠がほしい

シグマ 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

メリット

  • 70mmまでズームできるのでスナップ撮影では十分
  • マクロ撮影もできる
  • 最短撮影距離が0.22m

デメリット

  • F値が2.8~4なので、通しではない

あとは、用途によってどちらにするかを選べば良いですが、私の場合は標準レンズに求めるのはやはり明るさとある程度のズーム。

正直50mmあれば通常のスナップに支障はありません。

マクロに関しては17-70mmの方が6センチ近く寄れますが、そんなに毎回マクロで撮るかというと疑問。50㎜の方でも十分に寄れるので問題なし。

どちらかというとスナップでは室内での暗い場所での撮影が多いので、それを考えるとF値が2.8の通しがおすすめという事になります。

ポイントは明るさです!標準レンズは明るい方が絶対にいいです。
シグマはズームを回す方向が純正とは逆方向なので最初は慣れないかも…!

 シグマ17-50mm F2.8で撮った写真を紹介!

ニコンD500とシグマ17-50mmで撮った写真をいくつか紹介します。

特にRAW現像したわけではないので、JPGで撮ったそのままの写真です。

f/2.8通しで明るいので、暗いところでもシャッター速度を稼げてISO感度も低めで撮れるのが、このレンズのメリットです。

登山

f/2.8 1/125秒 ISO720 17mm

NikonD500ならではのチルト式モニターを活用して低い位置から撮影しました。

17㎜だといい感じの広角で撮れるのが良いです。

札幌の大通公園にて

f/2.8 1/3200秒 ISO100 17mm

これも17㎜の広角側で撮影していますが、昼間であればISO100でこれだけのシャッター速度も稼げます。

ペットショップの猫

f/2.8 1/100秒 ISO320 40mm

少しズームをして40㎜で撮影。

柵ではなくしっかり猫にピントが合いました。

室内にて

f/2.8 1/100秒 ISO800 50mm 露出補正-0.7

室内ですが、適正露出だと明るすぎたのでマイナス補正しています。

最大ズームの50㎜で撮影していますが、さすがf/2.8通しという感じです。

夜の外にて

f/2.8 1/40秒 ISO2000 36mm 露出補正-1

懐かしいジョーロがあったので、なんとなく撮影した写真。

玄関の明かりが少しありますが、かなり真っ暗の外です。

マイナス補正で少し暗い感じをだしています。

昼過ぎのブランコ

f/2.8 1/800秒 ISO800 40mm 露出補正+0.3

ブランコの前にある低い鉄棒みたいなのに乗って撮影しました。

D500との組み合わせであれば、動体も簡単に撮れます。

確かオートで撮影しています。

山に咲いていた花

f2.8 1/125秒 ISO100 50mm

望遠側で、結構近くまで寄って撮影しています。

マクロではないですが、これだけ近く撮れれば問題ないので、17-70mmと迷ってもやっぱり、17-50㎜の2.8通しが良いという結論になりました。

まとめ

今のところ3万円というお手頃な価格で手に入る標準レンズでは、シグマの17-50mm F2.8に勝るものはないと思います。

もちろんお金があればレンズキットでいいですが、ちょっと手を出しずらいなーと思っている方にはシグマがおすすめです!

初心者の頃は、なんとなく100㎜くらいまでズームできた方がいいよなーとか思いがちですが、それよりも重要なのはF値です。

スナップ写真でF値が高すぎてシャッター速度が稼げず、ブレブレの写真になってしまっては元も子もないですからね…。

ということで、今回はNikonD500におススメの低価格の標準レンズをレビューしてみました!

迷っている方は是非試してみて下さい!

レンズフィルターはこちらがお手頃でおすすめです↓

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)