1. TOP
  2. 一眼レフカメラ
  3. ストロボやバッテリーグリップの電池にはエネループプロがおすすめ!

ストロボやバッテリーグリップの電池にはエネループプロがおすすめ!

こんにちは。むらブログを運営しているムラです。

みなさんは一眼レフのストロボやバッテリーグリップの電池は何を使っているのでしょうか?

私は、今までコンビニ等で売っている普通の電池を使っていました。

普通に使えますが、電池が減ってくるとチャージの時間が長くなるのがストレス…

しかも、10本入りで500円前後なので毎回使っているとまぁ馬鹿にならない値段なわけで…

さすがに毎回使い捨てで買うのはもったいないな~と思い始めてきたので

ついに、エネループプロの電池を購入しました!

エネループプロです!笑

名前の通りニコンやキャノンを使っているプロカメラマンも愛用しているようですし、ストロボなどにのカメラ機材にはおススメらしい。

ハイエンドモデルなので、他のエネループの種類の中でも一番性能が良いです。

ニッケル水素電池で繰り返し500回の充電ができて、満充電してたとえ1年放っておいても85%残量が残っているという優れもの!

今回の記事では、エネループプロをカメラのストロボとバッテリーグリップに使用した感想、レビューを書いていきたいと思います。

エネループプロ開封!

今回は8本欲しかったので、パナソニックのエネループ急速充電器セット(4本付き)4本パックの2つを購入しました!

ちなみにビックカメラの店舗で買うと、税抜き4,480円ですがビックカメラ.comのネットで買うと税抜き2520円です。

私は、最初に店舗で買ってしまってすぐ気づいたので、ビックカメラに電話したところネットの値段にしてくれて返金してもらうことが出来ましたが…

基本的に返金はされないはずなので、気を付けましょう!

おすすめはAmazonが一番安いです!

エネループプロは格好いい!

まず見た目が黒くて引き締まって見えるので、すごく格好よいです!

そして大きさも丁度手の平サイズでそこまで大きくなく持ち運びやすいです。

他のエネループはスタンダードが白、LITEが水色なので一番プロっぽくみえます。笑

充電残量も可視化で超良い!

ちなみに、たった1本でも充電できます!

色で充電できているかが分かるので、電池の状態が一目瞭然です。
  • 赤:20%以下
  • 黄:20~80%
  • 緑:80%以上
  • 消:100%
そして、買い替えしたほうが良い場合も知らせてくれる優れもの。
  • 黄点滅:買い替えしたほうがいい電池
  • 赤点滅:他の乾電池や異常のある電池

これが本当に便利ですよねぇ。

充電できたものから順に外して使えますし、万が一異常があったり買い替え時期になったら知らせてくれるので超便利です。

カメラのストロボに普通の電池を今まで使っていましたが、いつなくなるんだろうってソワソワしてましたからね…。

大事な時に急に電池がなくならないように、電池の状態をチェックできるのは素晴らしいです。

ストロボとバッテリーグリップにエネループプロを装着!

そう!今回の記事は、カメラのストロボとバッテリーグリップにおすすめだよっていう記事です。

私は、Nikonの一眼レフD500を使用していて、ストロボはスピードライトSB-700を使っています。

バッテリーグリップはNEEWERの互換バッテリーグリップを使っています。安いので…。

さっそく電池を詰め込んでみましょう!

ストロボにエネループプロがおすすめの理由

いやぁ~いいですね。

充電して何度も使えるという安心感が半端ないです。

ストロボの場合は、連続撮影の際に電池がしょぼいと次の撮影までチャージするのに時間がかかりますが、エネループプロはめちゃくちゃ早いです。

800回以上も発光できるので、1日でなくなることは私はプロじゃないのでありませんね、笑

基本的に、フラッシュを炊いて次のシャッターを切るまでに、待ってるな~という感覚は全くありません。

ストレスなくストロボ撮影を楽しめると思います。

一般的なアルカリ電池よりも瞬間的に大きな電力を引き出せる為、チャージが早くてストロボにおすすめです。充電がなくなるギリギリまで、チャージの速度を変えずに維持してくれます。
ちなみにユーチューブにもパナソニック公式で紹介している動画がでています!

バッテリーグリップにエネループプロがおすすめの理由

バッテリーグリップは結構使うので、これは凄く助かりますね。

8本の電池が必要なので、バッテリーグリップに全部付けるとそれなりに重みを感じます。

実際に今までバッテリーグリップにはバッテリーしか入れて使ったことがなかったですが、電池のほうが持ちが良いようにも感じました。

そして、電池の場合はカメラの液晶にパーセンテージで残量が電池の場合はそれがありません。

こんな感じで表示されます。

D500に電池のバッテリーグリップ+ストロボを付けると結構重いです…

でも、その重量感が何とも言えず良いんですけどね!笑

エネループプロのおすすめポイント

実際にエネループプロを使っていて、

沢山いいところがあるんですが、ポイントだけまとめてみましょう!

残量チェックができる!

4つのLEDが点灯するので、分かりやすいです。

普通の電池だと、中途半端に使った後だとあとどのくらい残っているのかわからないので、カメラには向きません。

買い替え時期がわかる!

充電の持ちが悪くなった時に知らせてくれるので便利です。

仮に沢山エネループプロを購入して、数十本ってなってしまったらどれが古くて買い替え時期なのかわからないのは結構困ると思います。

500回繰り返し充電がきる!

まだ500回使っていないので分かりませんが、それだけ使えれば十分ですね!

繰り返し回数は、スタンダードモデルだと2100回エネループライトだと5000回と多いですが、その分エネループプロはパワーと持続力が高いので繰り返し回数が減っているようです。

充電時間が短い!

空の状態からだと、2本で2時間、4本同時充電で4時間程度です。

実際は空になる前に充電することが多いので、もっと早く充電されている気がします。

4本あればストロボに使える!

ストロボに付けて使っていますが、全然電池がなくならないです。

プライベートで使っているだけなので、プロの人はわかりませんが、素人が使う分にはかなり長持ちします。

8本あればバッテリーグリップにも使える!

バッテリーグリップは長時間カメラを持って出かける時には必需品になります。

例えば山登りや、スポーツ観戦などでバッテリーがなくなるなんてのは最悪なので、充電したエネループプロを沢山持っておけば、かなり安心して撮影ができます。

最後に

一眼レフカメラを外で使っていて、一番不安なのが充電がなくなることなんですよね。

普通の電池だとやっぱりコスパが悪いです。

エネループプロは馬鹿みたく高くないので、コスパが凄く良いですし、なにより格好も良い

今はまだ8本しかないですが、そのうちお金の余裕ができたら電池だけドンドン買いたそうと思います。

遠出する時は、カバンに充電したエネループプロを忍ばせて行けば安心です!

ちなみに、このブログで使っている写真は全部自分が愛用しているNikonD500かその前に使っていたD7000で撮影しています!

カメラが好きなので、これからも記事を増やしていきたいと思います。

以上、

エネループプロをストロボとバッテリーグリップにつけた感想を纏めた記事でした。

インスタグラムもはじめました!

良かったらフォローよろしくお願いします。

#Nikon #D500 #バッテリーグリップ #SB700 #エネループ #ニコンd500 #ニコン

MuraBlogさん(@murablog)がシェアした投稿 –

  1. […] ストロボやバッテリーグリップの電池にはエネループプロがおすすめ! […]

  2. […] ストロボやバッテリーグリップの電池にはエネループプロがおすすめ! […]

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)