1. TOP
  2. 猫の性格はオスとメスで違う?飼いやすいのはどっち?!

猫の性格はオスとメスで違う?飼いやすいのはどっち?!

猫の性格も人間と同じで「十人十色」です。

雄(オス)だから攻撃的で雌(メス)だからおっとりしているとは限りません。

ただ、去勢や避妊手術をしていない猫たちを観察すると、全体としては「男らしい」「女らしい」といってキャラの違いが見えてきます。

オス猫とメス猫の性格の違いを見ていきましょう!

オス猫の性格と特徴は?

  • 行動範囲が広く外出好き
  • 活発
  • 独立心が強い
  • 甘えん坊で素直
  • 成猫になるとスプレー行為をする

我が家で飼っていたオス猫は本当に外出好きでしたね。

毎日のように外出し、1日中戻ってこないこともよくありましたし、喧嘩をして血だらけで戻ってくるなんてこともありました…。

夏は頻繁に外出し、スズメやネズミを咥えて家に運んで来たりもしていました。

でも、甘えん坊で大らかで細かいことは気にしない!という印象があります。

メス猫の性格と特徴は?

  • 飼い主に従順
  • どちらかというとマイホーム型
  • きまぐれに甘える
  • クールでしっかり者
  • 発情期に大きな声で鳴く
  • 去勢手術費用がオスより高い

去勢手術をすれば、さほど性別による性格の違いはないでしょう。

ですが、メス猫の方が警戒心が強いように思えますし気性が荒いなぁというのが今まで飼ってきた感想です。

甘えん坊で素直なオス猫のほうが個人的には好きですしおススメです!!

発情期のオスの性格は?

発情期のオス猫は、メス猫の争奪戦に夢中になって、1~2日家に帰ってこないこともザラです。

なわばり争いも激しく、若いオスはとにかく喧嘩ばかりして過ごします。

喧嘩に負けて逃げているうちに、別の縄張りに迷い込み、そこでもまたボスネコに追いかけられ、どん

どん家から離れて戻れなくなり、そのまま野良ネコになってしまうオス猫もいます。

縄張りが広いぶん、交通事故にもあいやすく、喧嘩の傷から感染症にかかるリスクも高いです。

さらに、発情期の後は、スプレー行為がみられます。(オシッコをあたり構わずします)

スプレー行為は飼い主にとっては、とっても悩ましい問題ですが、去勢手術でほぼしなくなります。

発情期のメスの性格は?

メス猫の場合、オスほど縄張りが広くないため、外にパトロール(なわばりチェック)に出かけても、すぐに戻ってきます。

家にいる時間が長い分、飼い主とは親密になってくれるでしょう。

また、身だしなみにこだわるのもメスの特徴です。

やはり、人間と一緒で猫も綺麗になりたい女の子が多いようですね。

飼いやすいのはメスと言われているようですが、なかにはケンカっぽくて怪我が絶えず、部屋におしっこをしまくるメス猫も多いです。

結局はオスとメスで、ある程度の性格の違いはあるけど、実際はその猫の性格に左右されるということになります。

個人的な意見

自分が男ということもあり、オス猫の方が一緒に過ごしていて楽しいです。

メス猫より繊細でない分、気が楽というか…。

飼っていたオス猫は優しかったですし、あまり怒ったりもしなかったです。

逆にメス猫は気の障ることをしてしまうと、噛みつかれたり、ひっかかれたりすることが多かったです…。

猫の性格にもよるのでしょうが、、

そんなこんなで、やっぱり個人的には

オス猫を飼うのがおすすめです!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)