30歳でフルマラソンに初挑戦するよ!42.195㎞を走りたい!

こんにちは。むらブログを運営しているムラ(@MuraBlog)です。

20代後半からランニングを始めて、

リレーマラソンや10キロマラソンの大会にでるようになりましたが、

30歳になってついに

フルマラソンを走りたい!

と思うようになりました。

あまり、こういう記事は書かないのですが、自分自身の目標を整理するために、フルマラソンに挑戦しようと思ったきっかけやどんな練習を始めたかなども書いていきます。

そして、思い立ったらまずやる!をモットーに早速エントリーしてみました。

まずはフルマラソンにエントリーしよう

私は、北海道の札幌市に住んでいるので、ハーフマラソンも含め以下の3つにエントリー。

初めてにしては、ちょっと詰め込みすぎたかなーと思っています…。

でも、フルマラソン走りたい!から頑張ります。

日刊スポーツ豊平川マラソン(ハーフ)

実は、ハーフマラソンに出場したことがないので、まずはハーフから…。

もう2ヶ月切ってるので、練習していかないと…。

いつも練習で走りなれている豊平川だし、1回練習でハーフは走っているので大丈夫!なはず。

それに、、あの有名な公務員ランナーの

川内優輝選手がゲストで走ります!

働きながらあれだけの走りが出来ているので、憧れますよね~。

千歳JAL国際マラソン(フル)

ハーフマラソンにでた約1か月後に、人生初のフルマラソンの予定です!

  • コースの高低差は約155m(22km付近が最高標高地点)。
  • スタート~34kmは未舗装路の林道で、森のトンネルの中を走っている気分が味わえます。

高低差凄いけど大丈夫かなという不安しかありませんが、かなり自然に囲まれているようなので楽しみです。

北海道マラソン(フル)

プロでも年に2回しかフルは走らないらしいのに、いきなり2回目もエントリーしてしまいました!笑

北海道マラソンは、ずっと前からでてみたいなーとぼんやり考えていました。

住み慣れた札幌の道路を走れる機会はこれくらいしかないので、貴重な経験になるかと思います。

今から約5か月あるので、サブフォー(4時間切り)目指して頑張ります。(絶対無理だけど…)

初フルマラソンの目標は?

まずは、完走したい。

あわよくば、サブフォー

サブフォーだと4時間以内なので、5分40秒/キロで走り続ける必要があります。

サブフォーとは?

※ちなみに、サブフォーの「サブ」は英語で、「~の下」という意味があります。

地下鉄のサブウェイも、sub(下に)way(道)で道の下にあるから地下鉄です。

あとは、サブマネージャーだったら、マネージャーの下にいるって意味です。

なのでサブフォーは、4時間の下にという意味で、4時間以内にフルマラソンを走り切る事を指します!

そもそも、42.195キロって、考えているより相当辛いと思うんです。

札幌から小樽水族館まで走っても、40キロ位でまだ足りません。

ほら。

遠いすぎるでしょう?

これを、止まらずに走り切るって相当体にダメージがあるはずです。

そもそも、止まらずに走ったことがある時間は1時間45分が限界ですが、その時でも歩けないほどボロボロになりました。

その倍以上走るとか、やばいです。

フルマラソンを走ると、内臓にもダメージがいって、回復するのに1か月くらいかかるらしいです。

元々膝もバレーボールで痛めてるし、アキレス腱も断裂してるし、耐えられる気がしません、笑

でも挑戦します。

フルマラソンに挑戦する理由

30歳になってからは、色々と考え方が変わりました。

だんだん、体にも異変がでてきて、若いときみたいに何も考えず体を酷使したら、すぐ故障しちゃうんですよね。

そうすると、今のうちにできることをやりたいと思うわけです。

10代のころとかは、そもそもマラソンに興味もなく、ただ走ってるだけで時間の無駄じゃない?くらいに思っていました、笑

でも、走っている時って自分との闘いだから、言い訳もできないし自分の能力が分かりやすくて楽しいんです。

この距離をこの速度で走れるようになるためには、どんな練習が必要か?を自分で調べて考えて、練習するたびにいい結果がでて成長するのが楽しいです。

そして、フルマラソン走ると人生観が変わる!とか言うじゃないですか?

たいした変わらないだろ!って心で思っていますが、実際にやってみないでそれを言う資格がないと思うのです。

なので、まずはやってみる。

それで、どうだったかをまたブログに書きたいと思います。

フルマラソンに向けた練習を開始

前までは、10キロマラソンで40分で走る目標で練習していたので、スピード練習が多かったです。

1キロあたり4分とかね。

が、これからは決められた距離を速く走りきる練習から、止まらずに長い時間走る練習に切り替えます。

北海道の2月、3月はまだ雪が残っていて外はあまり走れません。

なので、ジムのランニングマシンで走ります。

本格的に始めたのが、2月23日からでまずは、止まらずに1時間走ろうと決めました。

  • 2月23日 時速8キロで1時間15分
  • 3月8日 時速9キロで1時間30分

どっちも、傾斜を0.5~1くらい付けて走りましたが、意外と走れましたね。

ただ、45分超えたあたりから、足の指も足の裏も太ももも痛くて超きつかったです。

1時間超えてからは、腕の振りを大きくしてなんとか走れているという感じ。

正直思ったのが、

フルマラソンで4~5時間走るなんて無理!

という事です、笑

ただ、2月23日に走ってから、3月8日に再度走った時は時速9キロに上げてて、時間も15分伸びてます。

頑張れば、走れる時間がどんどん長くなるかも…!

焦りすぎず、ケアもしっかりする

フルマラソンに挑戦するからと言っても、焦って練習しすぎてケガをしては意味がないですよね。

どの本を読んでも、フルマラソン初心者は頑張りすぎてどこか故障するって書いていました。

練習も張り切りすぎて、まだ走れるまだ走れると思って、週に3回も4回もやると初心者はケガをしてしまうとのこと。

なので、ケガをしないように細心の注意を払ってトレーニングをしようと決めました!

ランニング後は必ず、アイシング

ZAMST(ザムスト) IW-1アイシングセット 肘・膝・足首用 378301

膝や、足の裏に保冷剤を当てて、15分くらい冷やしてクールダウンしています。

あとは、可能であれば湯舟に使って温まり、また冷水をかけて冷やしてを2回くらい繰り返します。

不思議と、冷やして温めてを繰り返すと、次の日の体の調子がとても良いです。

ジムで走った時は、お風呂が付いているので、湯船で温まった後に、水風呂に入って…を繰り返しています。

ランニング前は入念なストレッチ

私の場合は、走る前に30分以上かけて体をほぐします。

グリッドフォームローラーを使うと効率よくストレッチができて、体も軽く感じます。

記事も書いているので良かったら見てください。

グリッドフォームローラーの使い方や効果を超詳しく解説!トリガーポイント・筋膜リリースとは?

2018.02.19

走りたい気持ちが強すぎるとストレッチもしないで走る人がいますが、必ずストレッチをしてから走りましょう!

特にフルマラソンみたいに、長く走る競技であれば必須ですね。

走るときって、着地時は片足に体重の3倍の力がかかるっていうので、体重60キロだと一歩進むごとに180キロの負荷がかかるという事になります。

体のケアは絶対に必要です。

まとめ

色々と書きましたが、要するに、

30歳の男がフルマラソンに挑戦するよ!

っていう宣言の記事です。笑

最低目標は、完走することで、できればサブフォーとか将来的に目指しています。

そして、そのためには計画的なトレーニングとケアが必要です。

無理をせず、効率的に42.195キロを走り切れるように、頑張ります!

これから、フルマラソンに挑戦するにあたっての記事を増やしていくと思います。

温かく見守ってくれればと思います!

この記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)