1. TOP
  2. 一人暮らし
  3. 不動産会社の選び方!大手は情報量が圧倒的!

不動産会社の選び方!大手は情報量が圧倒的!

不動産を探すときに、スマホアプリから探したり、ネットで探したりすると気になった物件の問い合わせ先が聞いたこともない不動産だったりします。

実際に、初めて一人暮らしをしようと思い立って、スマホで気になった物件を探しそこの不動産へ直接行ってみたら…

小さくてボロイ雑居ビルに営業マンが4人。

「お問い合わせ頂いた物件はもうないので、これなんてどうですか?」

気になった物件を見に来たのに、既に空きがないことが前提のように話されるし、周りでは他の社員が業務外の雑談をして笑っているという最悪な不動産業者でした。釣り物件があるのかどうかは分かりませんが、そのように感じてすぐ帰りました。

これをきっかけに、大手の不動産で探すことに決めたのです。

実際、大手の不動産屋だと以下のメリットがあります。

  • 物件数が多い
  • 対応が良い
  • 知識が豊富
  • 対応がスムーズ
  • ニーズに答えようと努力してくれる

逆に、下記は絶対に選んではいけない不動産屋です。

  • こちらの話を聞かない
  • 物件の情報を十分に提供しない
  • 特定物件ばかり進めてくる
  • 強引に進めてくる
  • 契約を急かす
  • 物件を進める理由が良くわからない

こ~んな不動産屋は、絶対にNGなのですぐに帰りましょう!!

やっぱり大手は情報量が圧倒的!

スマホやインターネット、雑誌で気になる物件を見つけたら、それを管理する不動産会社へ連絡をして実際に訪問します。

大手不動産は沢山の支店を持っていて、母体が大きいので情報量が多いのが特徴です。情報の鮮度や管理も行き届いていることが多いのでその物件に契約したがっている人がいるのかもすぐ確認してくれるので、物件探しがスムーズに行えます。

また、大手の場合は店内も綺麗にされていますし、接客の態度もかなり良いですね。

実際に、大手不動産へ訪問して物件の希望を伝えて相談に乗ってくれたアドバイザーの方もすごく親切でした。「わけあり物件でもいいので家賃が安いところありますか?」と言ってみると、

「絶対にやめた方がいいですよ、そういうところは本当に評判悪いですし…」としっかりアドバイスもしてくれました。

不動産はいくつか回るのが良い!

Walk

ashokorg0 / Pixabay

希望する物件を見つけるのであれば、絶対に1件の不動産だけで完結しようとせず、数件回りましょう。

なぜかというと、担当者により考え方が異なりますし、こちらの意図を理解してくれているかも重要になります。

「私は、天井が高い部屋を探しています!」と希望をだしても、

「この物件は天井は高くないけどネット無料なのでどうですか?」

などとこちらの希望を第一に汲み取ってくれない担当者もいます。

確かに、不動産を変えても紹介できる物件の数は同じかもしれません。

ただ、自分と相性の良い担当者と出会うまでは、必ず見た方がいいです。

実際に、すご~くチャラそうな若い男の営業マンに紹介された物件があり、決めてもいいかな?という内容でしたが、もう1件不動産に行き違う物件を紹介してくれた営業マンが店長もしていたベテランのお子さんもいらっしゃる方だったのですが、すごく親切でメールも休日にくれて相談にのってくれたり、電話をくれたりと感動しました。

親身に相談に乗ってくれる営業もいるので、「なんかこの営業とは合わなそう…」と思ったら違う不動産に訪問するのも良いかと思います。

不動産の担当者が管理会社との仲介役として、こんな入居希望者がいるんですけどどうですか?と提案してくれるので、担当者とは絶対に相性がいい方がいいのです。

不動産会社とのお付き合いは、部屋を退去するまで続くので、トラブルを避けるうえでも慎重に、信頼のできる不動産会社と担当者を選びましょう。

沢山の物件を見たいなら1月から3月がおすすめ!入学、進学、就職、企業の人事異動等で引っ越す人が多いので物件も多くなります!※物件が多い分、希望者も多いので審査に落ちてしまう可能性も高くなるので注意。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。