1. TOP
  2. アキレス腱断裂
  3. アキレス腱断裂は超大変!断裂から完治までに辛かった10の事!

アキレス腱断裂は超大変!断裂から完治までに辛かった10の事!

今回は実際にアキレス腱断裂をしてからこのブログを始めるまでに、入院、手術、松葉杖歩行、装具歩行、リハビリ等を経験して、「辛かったな~」「大変だったな~」と思った事を10個の項目に分けて話したいと思います。

アキレス腱断裂で大変だった事!※時系列

アキレス腱

①アキレス腱断裂は突然やってくる!!

そうなんです。アキレス腱断裂という言葉なんて脳裏にもないのに、突然断裂します。一瞬の出来事です。

断裂をすると、準備なんて何も出来ずに救急車で病院に行くことになります。

自分の場合は、バレーの大会途中での断裂だったので短パンTシャツ姿のまま病院へ…。

体育館にあった荷物だけをまとめて救急車に乗り、一人ぼっちで搬送をされます。その後、病院で簡単な処置がおわると、今度は初めての松葉杖歩行で帰らなければならないです。知り合いに迎えに来てもらうか、タクシーで帰らない限り断裂当日は自分の力で帰るのはかなり大変だと思います。精神的にも…。

この突然やってくる不幸と向き合うことが、お先真っ暗状態に陥るので辛いのです。

②初めての松葉杖が大変!

断裂当日は病院へ運ばれて簡単なギブスをしてもらえれば診察はすぐに終了します。

そのあと、病院で6000円前後で松葉杖を借りることになります。そして松葉杖の高さを自分の身長に合わせてから、歩く練習を5分くらいして、その日は帰宅することになります。

人生で松葉杖で歩いて生活をしたことがある人がどれだけいるでしょうか?

殆どの人が初めての経験になると思います。

とにかく腕が辛いんです。こんなに力が必要なんだと感じると思います。

松葉杖で階段の上り下りをするのにもコツが必要ですし、すぐにはスムーズにできません。下手をすればそのまま転んで大けがにも繋がるので松葉杖歩行には注意が必要です。

③片足立ちで洗顔が辛い!

断裂してから最初のうちはシャワーも入れないまま数日を過ごすことになります。

顔だけは洗うのですが、松葉杖で両手がふさがったまま洗うわけにもいかず…

片足立ちで洗顔をしていました。こんなにも顔を洗うことが足一本使えないだけで大変なんだと強く感じましたね…。

④入院と手術が大変!

病室が個室であれば他の患者さんに気を遣わなくて済みますが、通常は4名とか複数名の病室で過ごすことになります。

やっぱり、気を使いますし早寝早起きの生活にも慣れないので少し疲れてしまいます。

また、暇つぶしになる物を持っていかないと本当に暇だと思います。自分の場合は、パソコン、イヤホン、電子書籍等の持って行けるものはすべて持って入院しましたがそれでも時間の流れが遅くて暇に感じました。

入院するまでに、捺印した書類や家族のサイン、尿検査、血圧計測などが必要になる為、入院前はかなり忙しいです。

入院してからは1日に3回も血圧、体温をはからなければいけませんし、手術前には点滴も必要になるので飲食もできなくなります…。

手術は全身麻酔で、点滴の中に麻酔が入るので特別痛い思いはしなくて済みますが、それよりも手術後が大変。

まず、目が覚めてから数時間はトイレに立つこともできないので、したい時は尿瓶ですることになります。

手術後は病院で貰っている紙おむつを装着しているのですが、オムツを看護婦さんに下げてもらって尿瓶で用を足さなければいけませんでした…。年代が自分と近めの看護婦さんにオムツを下ろされて目視で尿瓶をセットされるのはかなり恥ずかしいんです…。用を足し終えたらナースコールで看護婦さんをまた呼んで回収してもらいましたが、中身も透けて見えているのでそれもまた恥ずかしかったです。

ようやく松葉杖で、トイレに行ってもOK!となっても一人で松葉杖を使ってトイレに行き用を足すのは一苦労です。足を心臓よりも下の位置にしているだけで患部が痺れてビリビリしてしまうんです…。

退院する時も大変で、荷物がたくさんあるので松葉杖で一人で帰宅は不可能です。友達や家族に付き添ってもらう必要があります。

⑤装具ができるまでの魔の一週間!会社にいくのが大変!

退院から装具ができるまでの1週間はギブスで仮止めしているだけの状況で生活します。

そんな中で会社に通勤するのは非常に危険です。

「転んだらどうしよう…」と不安になりますし、せっかく手術したのに再断裂の可能性もある期間です。

ギブスをして固定されているので、足をついただけでは滅多に断裂はしないとは思いますが、当然激痛が走りますし腫れてしまい痛みが大きくなるので注意が必要な期間です。装具ができるまでは要注意!

通勤は危険なので、最初のうちは殆どタクシーを使っていました…。出費がやばい〜!

歩いていくのであれば、かなり早くに家を出る必要があります。

もし健康な状態で歩いて15分の道であれば、松葉杖では30分~40分はかかると思った方がいいです。

そして、汗だくになりますし、会社についた頃にはクタクタで次の日には腕が筋肉痛になります。

ただ、お金の問題もあり、毎日タクシーを使うわけにもいかないので、どうしても松葉杖で歩いて通勤しなければいけなくなると思います。階段の上り下りが多い通勤経路は本当に避けた方がいいです。ちょっとした移動でもエレベーターもたくさん使いましたね。

そして、断裂する前の生活よりも30分以上は早く起きて準備しないと間に合わないです。なぜなら、通勤を松葉杖で20分ノンストップで歩くのは体力の問題でまず無理なので、時々休憩しながらゆっくり歩いていく必要があるからです。

お金に余裕のある人はタクシーを使いましょう。

朝から「通勤するぞ!」という気合と、帰りは仕事で疲れているけど、「よし!帰るぞ!」という気合いが大事ですね。

日々の通勤が、まるでスポーツのトレーニングに感じました…。

⑥仕事中も大変!オフィスワーク中も痛い!

手術から3日目くらいで仕事(オフィスワーク)に復帰をしましたが、仕事中も痛みと戦わなければいけません。

椅子にずっと座っている仕事の場合、足を床につけていると血が下に溜まりドクドクして浮腫みます。

3分程度でも足を下げたままにしていると、本当に耐えられない位にジンジンしてきて、痛くなります。

なので、自分の場合はもう一つ椅子を持ってきてなるべく足を上げたまま仕事をするようにしていました。おそらく、上げたままじゃないと普通は仕事ができないと思います。1か月間くらいはそういう状態で仕事をしたと思います。

トイレに行く時も、足が下に下がっている状態なのでジンジンして痛かったですね〜(T ^ T)

仕事復帰すると、通勤の行き帰り、仕事中、トイレなど仕事をしながら常に痛みと戦わなければいけません。

⑦仕事から帰宅後も大変!ご飯を買って食べるだけでも一苦労

やっと仕事が終わって、苦労して帰宅しても、そこからがまた大変です。節約の為に自炊をしたくても、長時間立っていると痛いので自炊はまず無理です。

そうなると、コンビニ弁当を買って食べることになると思いますが、コンビニで弁当を買うだけでもなかなか大変です。

まず両手が松葉杖でふさがっている状態で商品を持つことが難しいです。

慣れれば指一本だけ松葉杖にひっかけてバランスをとり、他の指で弁当を持つ事もできますが、他にも飲み物が欲しかったり、3つ4つ商品を手に取りたくても実際には持てないのです…。

なんとか弁当を買っても、家に帰って食べるまでも大変です。いっぺんに飲み物などをテーブルに運んだりできないですし、運んでいる途中に物を落としたら拾うのも大変なんです。

「あ、スプーン忘れた!」って気づいても、また松葉杖を使って慎重に歩いてキッチンまで行き…という動作が大変です。

家の中で一人で転んだときは、すぐ立てずに本当に悲しくなりましたね…(._.)

⑧寝る時もなるべく足は高い位置へ!夜中のトイレも大変!

寝る時も足の下に枕などを置いて、患部の位置を高くしないと血がたまり痛くて眠れなかったです。

最初の1か月位の辛抱ではありますが、毎日のことなので結構辛いです。

睡眠途中で起きてしまってトイレに行きたい!となると松葉杖を使っていくのでかなり大変ですね。

⑨装具歩行の大変さ!寝るときはギブス

DSC_0172

最初のうちは「装具歩行+松葉杖」で慣れていくことになります。

松葉杖があるうちは安心して歩けますが、装具のみになると怖くてあまり早くは歩けません。

一歩一歩びっこを引くようにしか歩けないので、通勤も時間がかかって、ちょっとした移動でも大変です。

仕事で座っている時は、装具を固定しているマジックテープを剥がしておかないと浮腫みますし、トイレに行きたいと思ったらまたマジックテープで固定して…戻ったら剥がして…みたいなことも結構面倒になります。

そして、装具着用時期ではギブスがない状態なので夜寝るときは半分だけのギブスと包帯で固定してから寝なければいけません。固定しないと寝ている間に足首が曲がって激痛が走ることになります。

この毎日寝る前のギブス固定がほんと~に面倒で大変でしたね…。

⑩毎日のリハビリも根気が必要

リハビリ期間中は、日々「おっ、結構治ってきてるなー」というのが実感できるので面倒がらず夢中になってリハビリしてしまいましたが、思い返すとやっぱり大変でした。

病院へ通院してリハビリするのも大変ですし、家に帰ってからのリハビリは自分との闘いなので結構孤独です。

これ以上動かしたら痛いというギリギリのラインを考えながら、座りながらの踵あげやタオルやチューブを使っての足首の運動を毎日していました。

最初は足の指を動かすだけのリハビリになるので、地味すぎて回数をこなすのが大変です。しかも思うように動かせないのでイライラもしてしまいます。

でも、「これをやればまた元の生活に戻れるんだ!」と言い聞かせて毎日続けてきましたし、頑張ってよかったなーと今では思います。

大変な時期があるかとは思いますが、根気よく頑張っていれば必ず結果はついてくるので、サボらずにリハビリを頑張りましょう!!

そして、再断裂を防ぐために、サポーターも買いました!

こちらの記事もどうぞ!

アキレス腱断裂の防止におすすめのサポーターを紹介!使用後の効果は?

あとは、2016年に発売されたアキレス腱断裂の最新治療に関して売ってる唯一の本も発見しました!

手術治療と保存治療のどちらが良いかなどについても書かれているので、気になる方は是非購入してみてくださいね!

  1. アキレス腱断裂 より:

    とても参考になる情報をありがとうございます。東京でアキレス腱断裂の専門治療院がスタートしたそうです。手術なし松葉杖なし歩きながら1ヶ月で治せる治療で、これはぜひやってみたいと思います。

    https://peraichi.com/landing_pages/view/achilles

  2. ムラ より:

    アキレス腱断裂して大変だなーと思ったことなど、なんでも良いのでお気軽にコメントください(^^)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。